軍服務中 パク・ボゴム、600人分のカレー作りに挑戦!ハプニング発生も周りを気遣う人柄に感服(動画あり)

海軍で軍服務中のパク・ボゴム、チョン・ホヨンシェフと軍人たち600人にカレー提供に挑戦した。
国防TVの公式YouTubeチャンネルでは11日に[予告]「パク・ボゴムXチョン・ホヨン シェフ 特食ベンジャース誕生?!! シェフの特食」という動画に続いてきょう(14日)午後8時から本編「軍給食のアップグレードプロジェクト! ♡チョン・ホヨンシェフXパク・ボゴム♡シェフの特食Full ver」が公開された。
動画でパク・ボゴムは「シェフの特食への出演を決めることになった理由は?」について、「海軍の将兵として給食の改善に役立つと伺ってご一緒させていただくことにしました。多くの兵士が 毎食、毎日食べまていますよね。 でも、週末もなく朝方から多くの人々の食事を準備することについて、いつ私がまたこんなふうに調理兵として少しだけでも経験できるだろうか?とたくさん思いました。が、私が少しでも手伝えたらと努力したこの食べ物で600人余りの兵士たちに少しでもよりおいしい食べ物を作ってあげたい思いがより大きかったです。」と真摯な姿で答えた。



チョン・ホヨンシェフから提案されたのは合挽きのハンバーグステーキカレーだった。
試食したパク・ボゴムはあまりのおいしさにスプーンを止めることができなくなった様子だ。

いざ、調理に入ると600人分を作るのは想像以上に大変な様子だ。配膳まで残り時間わずかになったところで、ハプニング発生。600人分の固形のカレー粉がなかなか溶けずに苦戦することに。パク・ボゴムの表情も少しずつ曇りはじめるが…必死にカレー粉を溶かすことに奮闘しながらパク・ボゴムは「こうやって毎日調理してくださっていて、腰も足もあちこち痛いはず」と気遣う場面もあった。

ハプニングにあいながらも、パク・ボゴムは海軍の先輩にあたるチョン・ホヨンシェフと息のあった姿で、600人にカレー提供をすることができた。

2021.08.14

blank