女優オ・ユナ、KBSドラマ「国家代表ワイフ」への出演確定


韓国女優オ・ユナがドラマ「国家代表ワイフ」出演を確定した。

所属事務所は「オ・ユナが9月初放送予定のKBS新日日(連続)ドラマ『国家代表ワイフ』にチェ・ソネ役で出演する」と3日、明らかにした。

「国家代表ワイフ」はカンナム(江南)にある家を通じて、人生のクラスを高めようと孤軍奮闘するソ・チョヒ(ハン・ダガム扮)の孤軍奮闘記を描くドラマだ。

オ・ユナが演じるチェ・ソネはソ・チョヒの高校の同級生であり親友だ。友人が頭を悩ますたびに、ためらうことなくそばにいてくれる頼もしいキャラクターだ。ソ・チョヒの弟で離婚専門弁護士のソ・ガンリム(シム・ジホ扮)と友愛を誇っていたが、一歩遅れて自分の感情に気づいてから、三角関係に火をつける人物でもある。

オ・ユナはこれまでドラマ「医師ヨハン」や「逆転の女王」、「王と私」、「学校3」と映画「ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士」、「逆転の名手」、「スーパースター☆カム・サヨン」、「大変な結婚」など多数の作品に出演。現在放送中のMBCドラマ「狂わなくては」にはホ・ガヨン役で出演中だ。

WOW!Korea提供

2021.08.03

blank