キム・ヘジャ&2PMジュノら、「ワールド・イズ・ワン」キャンペーン参加…親善・広報大使として活躍(動画あり)

国際救護開発NGOワールドビジョンが、新たに企画する時報広告が注目されている。
8月からオンエアされる時報広告では15人のワールドビジョン親善・広報大使が「今、あなたの良い影響で世界はひとつになります。ワールドイズワン(World is One)」というメッセージを伝える。


ワールドビジョンは、昨年から良い影響で全世界がひとつになるという意味を込めた「ワールド・イズ・ワン」キャンペーンを進めている。特に今年は、15人の親善・広報大使が一緒にキャンペーンの開始を知らせる広告に出演してより意義深い。今回のキャンペーンの広告には、親善・広報大使キム・ヘジャ、チョン・ヨンスク、ハン・インス、パク・サンウォン、チョン・エリ、イ・フン、ハン・ヘジン、キム・ヒョジン、イ・クァンギ、パク・チョンア、ユ・ジテ、2PMジュノ、キム・ボソン、チェ・ガンヒ、イ・サンヨプが出演する。


時報広告とともに良い影響についてのインタビュー映像をもとに制作されたキャンペーン広告も公開される。キャンペーンに参加したパク・チョンア、チェ・ガンヒ、イ・サンヨプら親善・広報大使7人の率直な話を聞くことができる。親善・広報大使は、長年の奉仕活動や後援した子どもたちとの出会いを通じて、ワールドビジョンが生み出す変化と価値に共感しながら語った。経験談には、良い影響でひとつになる「ワールド・イズ・ワン」キャンペーンの真の意味を収めた。時報とキャンペーン広告はMBCとワールドビジョンの公式YouTubeでみることができ、YouTubeのは「ワールド・イズ・ワン」キャンペーンの広告ビハインドのフル映像も確認することができる。

(2ページに続く)

2021.08.02

blank