<トレンドブログ>「ATEEZ」、オリンピックが“ピック”したグループ…K-POPの人気を立証


グループ「ATEEZ」が、「2020東京オリンピック」でも愛されています。

23日開幕した「2020東京オリンピック」の競技で、「ATEEZ」の曲が何度も鳴り響いて全世界にK-POPの人気を立証しました。

28日進行された“カナダ対イラン”の男子バレーボール競技では、「ATEEZ」が3月に発売したアルバム「ZERO:FEVER Part.2」のタイトル曲「I’m The One」と共に、きょう(28日)リリースされた日本ファーストシングル「Dreamers」の同名タイトル曲「Dreamers」がひきつづき流れました。

それだけでなく、同日進行された“アメリカ対チュニジア”男子バレーボール競技でも、「ATEEZ」のファーストフルアルバム「TREASURE EP. FIN:All To Action」のタイトル曲「WONDERLAND」まで流れて注目を浴びました。

先立って「ATEEZ」の代表曲中の一つの「WAVE」が、スポーツ中継放送のエンディング曲でしばしば登場して“スポーツピック” という修飾語までつきました。

これと共に大韓体育会で運営するチームコリアハウスのホームページのVR展示館では「ATEEZ」の「I’m The One」のミュージックビデオまで上映されていて全世界スポーツファンの心までもひきつけています。

そして、「ATEEZ」はMelon、genieなど韓国の主な音楽配信サイトのリアルタイム検索語で1位になったり、ツイッターワールドワイドトレンドには「#OLYMPICS_LOVES_ATEEZ」がランクインしてグローバルアイドルとして注目されています。

一方、「2020東京オリンピック」で鳴り響いた「ATEEZ」の新曲「Dreamers」は、きょう(28日)から各種主な音楽配信サイトを通じて会えます。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.07.28

blank