俳優キム・ヨンデ、ドラマ「学校2021」一方的な降板ではない


俳優キム・ヨンデ側が制作会社側の帰責事由によりKBS2TVドラマ「学校2021」を降板したと明かした。

キム・ヨンデの所属事務所OUTERKOREAは23日、「2020年3月からいままで、私たちは最善を尽くして一緒にやりたかったが、いくつかの解決できない問題により、2021年6月21日に制作会社に契約解除の通知をすることになった」と述べた。

所属事務所側は「私たちは昨年2020年3月に制作会社のKings Media、そして学校2020文化産業専門会社と、『学校2020』作品にキム・ヨンデが出演する契約を結んだ」とし、「契約書に明示された内容によると、2020年5月頃から撮影が始まり、2020年8月に放送予定だったが、制作会社のKings Mediaの内部事情により撮影は行われなかった」と説明した。

続いて「その後、Kings Mediaは俳優のキャスティングや台本作業などを全く行わず、KBSでも公式的に『学校2020』の編成をしないと発表した。しかし、Kings Mediaはマスコミの記事を通じて『学校2020』が来年2021年8月の放映計画で順調に進められているとし、私たちはこれ以上Kings Mediaの言葉だけを信じて待つことができない状況になり、2020年末から2021年初めまで、数回にわたり契約解除の意思をKings Media側に伝えた」と明かした。

(2ページに続く)

2021.07.23

blank