BTS(防弾少年団)ジミン、31ヶ月連続ボーイズグループ個人ブランド評判1位…2位2PMジュノ、3位BTS V


BTS(防弾少年団)のジミンが、2021年7月ボーイズグループ個人ブランド評判1位を記録. これで31ヶ月連続1位という空前絶後な大記録を樹立した。

韓国企業評判研究所は、ボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ分析のために、2021年6月17日から2021年7月17日までボーイズグループ個人632人のブランドビッグデータ9247万7866個を抽出して、ボーイズグループ個人ブランドに対する消費者の行動分析をもとに作った参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数でブランド評判指数を分析した。 2021年6月のボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ91,756,256個と比較すると0.79%増加した。

ブランド評判指数は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすということを探し出して、ブランドビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。
ボーイズグループ個人ブランド評判分析を通じてボーイズグループ個人ブランドに対する肯定・否定評価、メディア関心度、消費者の関心とコミュニケーション量を測定することができる。 ボーイズグループ個人ブランド評判分析には、ブランド影響力を測定したブランド価値評価分析とブランド評判モニターの定性評価も含んでいる。

2021年7月のボーイズグループ個人ブランド評判の30位までの順位は、BTS ジミン、2PM ジュノ、BTS V、ASTRO チャ・ウヌ、BTS ジョングク、BTS JIN、SUPER JUNIOR ヒチョル、BTS RM、BTS SUGA、BIGBANG G-DRAGON、SEVENTEEN S.COUPS、2PM ウヨン、NCT マーク、SEVENTEEN ジョシュア、2PM チャンソン、BTS J-HOPE、WINNER YOON(カン・スンユン)、WINNER MINO、SEVENTEEN ディノ、SUPER JUNIOR ウニョク、Highlight ユン・ドゥジュン、Highlight ヤン・ヨソプ、NCT ジョンウ、THE BOYZ ヨンフン、NCT チソン、THE BOYZ サンヨン、MONSTA X ショヌ、THE BOYZ ジュヨン、TOMORROW X TOGETHER スビン、SHINee ミンホ、NCT ジェミンの順で分析された。

1位のBTSジミンブランドは、参加指数1,263,266、メディア指数1,148,795、コミュニケーション指数1,802,504、コミュニティ指数1,557,750で、ブランド評判指数5,772,316と、分析された。 6月のブランド評判指数6,416,266と比較すると10.04%下落した。

2位の2PMジュノブランドは、参加指数1,082,924、メディア指数1,014,975、コミュニケーション指数1,068,242、コミュニティ指数1,370,735で、ブランド評判指数4,536,876と、分析された。 6月のブランド評判指数3,743,920と比較すると21.18%上昇した。

3位のBTS Vブランドは、参加指数1,065,541、メディア指数978,986、コミュニケーション指数1,164,164、コミュニティ指数1,299,650で、ブランド評判指数4,508,340と、分析された。 6月のブランド評判指数4,480,880と比較すると0.61%上昇した。

ク・チャンファン韓国企業評判研究所所長は「2021年7月のボーイズグループ個人ブランド評判分析の結果、BTSジミンブランドが1位を記録した。 ボーイズグループ個人ブランドのカテゴリー分析をしてみると、2021年6月のボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ9175万6256個と比較すると0.79%増加した。 細部分析を見ると、ブランド消費5.95%下落、ブランドイシュー1.49%下落、ブランドコミュニケーション48.36%上昇、ブランド拡散17.01%下落した」と、明らかにした。

2021.07.17

blank