G-DRAGON、中南米ブーム 「ワールドツアードキュメンタリー」拡大公開へ

20150313_gd_b
韓国人気男性グループ「BIGBANG」G-DRAGON(GD)のグローバルな人気ブームがメキシコをはじめとした中南米にも吹きそうだ。

G-DRAGONのソロワールドツアードキュメンタリー映画「ONE OF A KIND 3D G-DRAGON 2013 1ST WORLD TOUR(以下、ONE OF A KIND 3D)」が来る17日(現地時間)からメキシコ首都圏地域とカンクン、プエブラ、カンペチェ、メリダなど現地全域に位置するCINEPOLIS劇場20館以上で上映された後、中南米地域にて順次、拡大公開される予定である。

今回の作品が上映されるメキシコ「CINEPOLIS」劇場は世界第4位のマルチフレックスチェーンで、全世界400劇場、3500スクリーンを保有している。

「ONE OF A KIND 3D」はG-DRAGONが2013年に全世界8か国、13都市27公演で、計57万人を動員し、成功的に終えた初のソロワールドツアーの記録を収めた3Dライブドキュメンタリー映画。2013年に韓国、日本、台湾、シンガポールなどで公開された。ことしアジアを越え中南米でも上映を開始し、G-DRAGONのグローバルな人気を実感させている。

今回の作品は計24台のカメラで撮影されており、様々な角度からG-DRAGONのコンサートを鑑賞することができ、世界的なトップディレクターが担当した3D映像とライブパフォーンスで多彩に構成され中南米ファンにとってまるでコンサートに来ているような臨場感を贈る。

一方、G-DRAGONは3年ぶりに発表する「BIGBANG」のニューアルバム作業に没頭している。

WoW!Korea提供

2015.03.14

blank