「速報」キム・ダヒョン「韓国ミュージカル俳優コンサート&トーク」リハ見学&記者会見開催!

20131011-kimdh

今年1月に日本で初上演されたミュージカル「ウェルテルの恋」(原作:ゲーテ 若きウェルテルの悩み)でウェルテル役を熱演し、美しい歌声や繊細で圧倒的な表現力で、“花ウェル”現象を巻き起こしたミュージカル俳優キム・ダヒョン。

10月よりスタートする月例イベント「韓国ミュージカル俳優コンサート&トーク」の初公演に出演することになり、10月11日(金)、東京・銀座のヤマハホールにて、「キム・ダヒョン~韓国ミュージカル俳優コンサート&トーク~」を開催した。

 

同公演は、従来のファンミーティングとは異なり、「韓国ミュージカルの奥深さと、俳優たちの底知れぬ実力を間近で体感する」をコンセプトに、ピアノを中心としたアコースティック楽器の伴奏とボーカルのみで構成されるシンプルな演出をベースに、ボーカリストが歌声ひとつで創り上げるアコースティックライブ。俳優の人柄に触れやすいコンパクトなホールにて、演者自らが選んだミュージカルナンバーをアコースティックバージョンにアレンジして歌唱、また俳優としての思いや情熱を語るトークも展開するというもの。

そんなボーカリストの生の息遣いと生き様をダイレクトに感じられる本公演のVol.01に登場するのは、今回が日本で単独公演を行うのは初めてとなるキム・ダヒョン。

 

20131011-kimdh1

 

ドラマ「王と私」で一躍注目され、2003年に「若きウェルテルの悩み」でミュージカルデビュー。その後、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」「アルセーヌ・ルパン」「太陽を抱く月」「ジャック・ザ・リッパー」などさまざまなミュージカル作品と並行し、ドラマ「乾パン先生とこんぺいとう」「ペク・ドンス」「1年に12人の男」などにも出演。来月11月からはソウルで主演ミュージカル「ガイズ&ドールズ」を控えているキム・ダヒョンは、まさに人気・実力を兼ね備えた韓国ミュージカル界のスターなだけに、今回の公演も前売りチケットは完売、と注目度バツグン!

本公演に先立ち、リハーサル見学&記者会見が行われ、ステージに登壇したキム・ダヒョン。右手を胸に当て、深くお辞儀をした後、公演で披露する全10曲(アンコール含む)の中から「足を踏み出すことができなければ」(ウェルテルの恋)と「The Origin of Love」(ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ)の2曲を本番さながらに情感たっぷりに歌い上げた。

その後、質疑応答では、「歌って踊って演じる総合芸術をライブで一度に見せられる魅力がある」とミュージカルについて語ったキム・ダヒョンは、公演前のワクワクした心境や今回選んだ楽曲の選考基準、また今後の活動計画や「日本で上演されるミュージカルにも出てみたい」という願望も明かした。

続くフォトセッションでも、カメラマンのリクエストに応え、さまざまなポーズを取ったが、さすがミュージカル俳優、その上品で美しい佇まいがとても印象的だった。

 

詳しいレポートは後日掲載いたします。

2013年10月11日 pm9:00配信    (C)korepoニュース

 

 

~韓国ミュージカル俳優コンサート&トークシリーズ~

Vol.02

キム・ジェボム

11月14日(木)サントリーホール ブルーローズ

Vol.03

キム・スンデ&チョン・ドンソク

12月20日(金)ヤマハホール

 

2013.10.11

blank