BTS&カカオ「ラブマイセルフキャンペーン」のギフティコン発売…収益金全額を暴力根絶のために寄付

BTS(防弾少年団)がカカオと手を取り合って子供や若者の暴力根絶のための「ラブマイセルフ(LOVE MYSELF)キャンペーン」のギフティコンを公開した。
カカオは15日、「グローバルアーティストBTSと共に絵文字の購入を通じて分かち合いを実践できる『ギフティコン(Give-ticon)』を披露する」と述べた。
ギフティコンは、利用者が絵文字を購入した時に購入金額の一部をカカオが寄付するというモバイルスポンサー商品で、2016年に初めて披露されて以来、さまざまな作家やアーティストとのコラボレーションにより、12回のリリースを続けてきた。BTSは、今回が2回目の参加だが、2018年に4週間で1億ウォンの寄付を達成した。


今回のギフティコンは、2018年に行った「ラブマイセルフ」の第2弾で、自分をまず愛し、その愛で世界をより良い場所にしようという趣旨を含んでいる。BTSを実際に撮影した24種類の姿で構成され、絵文字ストアで「BTS、LOVE MYSELF 2」を検索して購入することができる。
カカオは15日から7月12日までの4週間にわたって、ギフティコンが販売されるたびに300ウォンずつ寄付する。4週間後にもギフティコンの販売は継続される。BTSは、今回のギフティコンを通じて取得するすべての収益金を寄付する予定だ。

こうして集められた寄付金は、BTSが始めた「ラブマイセルフ」プロジェクトに寄付され、ユニセフの汎世界的な青少年暴力根絶キャンペーン「#ENDviolence」に使われる予定だ。
これは、世界中の子どもや若者たちが暴力のない世界で安全に育つことができるように支援するために開始されたキャンペーンで、家庭内暴力、学校暴力、性暴力の被害を受けた世界中の子供や若者を保護、支援し、地域社会の暴力防止教育に貢献することを目標とする。
カカオ関係者は、「利用者がギフティコンを通じて世界の子供と青少年のための寄付に参加することを期待する」として、「今後もギフティコンのような簡単な方法で分かち合いを経験し、携帯電話の支援文化に参加できる機会を提供するために努力する計画」と伝えた。

2021.06.15

blank