「ホグの愛」スロン(2AM)、チェ・ウシクの愛嬌に心臓ドキドキ

≪ドラマNOW≫「ホグの愛」スロン(2AM)、チェ・ウシクの愛嬌に心臓ドキドキ

※ネタバレになる内容が含まれています。

10日に放送されたtvNドラマ「ホグの愛」では、カンチョル(スロン(2AM))の家で死体ごっこをするドヒ(ユイ(AFTERSCHOOL))とホグ(チェ・ウシク)の姿が描かれた。

ドヒの子どもを預かってくれる養父母を捜すドヒは、これまで子どもと共にした空間がなく、しかたなくカンチョルの家に行くことになった。

潔癖症のカンチョルは、嫌がりながらもホグとドヒが“かわいそうモード”でくるので、二人がいてもいい区域を決めて許可した。ホグはカンチョルのベッドに寝そべり、カンチョルは「どうしてそこに寝るんだ。お前の区域をそこじゃないだろ」と言った。

ホグはすごくかわいそうなモードで「わかってるよ…僕の区域はソファーの2番目だってこと。だけどそこは狭くて子どもと寝ることができないだろ。もう子どもが養父母の元へいったら、いつ会えるかわからないから、それまで許してくれ」と愛嬌のある声を出した。

カンチョルの心臓は急に早くなり、「好きにしろ。しかしうんちのおむつは替えるな」と言った。浴室に逃げたカンチョルは、自分の心臓を落ち着かせ「右心房、右心室、おまえたちどうしたんだ?」とつぶやいて笑いを誘った。

WOW!korea提供

2015.03.11

blank