<トレンドブログ>「FTISLAND」イ・ホンギ、14年周年迎えデビューステージについて言及


「FTISLAND」イ・ホンギが、バンドでのデビューステージを振り返っていました。

本日(7日)韓国で放送されたSBSパワーFMラジオ「2時脱出 Cultwo Show」で、イ・ホンギは「体が震えた」と伝えました。

この日イ・ホンギは
「今日デビュー14周年を迎えた。明日からは15年目だ。2007年6月7日、『Love Sick』でデビューし、最初のステージですごく緊張した。声が震えたのではなく、体がぶるぶる震えてた」と語りました。

DJキム・テギュンが「デビューステージとミュージカル初舞台の中、もっと緊張したのはどちらか」と聞くと、
彼は「ミュージカルの初舞台がもっと緊張した。それは、その時から始まるものだからと」答えました。

すると、キム・テギュンは「僕もそうだった。あんなにコメディ舞台にたくさん上がったのに緊張した」と共感してみせていました。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.06.07

blank