「BTS(防弾少年団)」Vの中国ファンが韓国事務所前のビルに出した屋外広告、ソウル市から行政処分に


韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」メンバーのVの中国ファンクラブ「BAIDU V BAR」がソウル市内に設置した広告物が、違法であることが確認された。

中国ファンクラブ「BAIDU V BAR」は、Vのデビュー8周年と新曲発売を祝う広告物を設置すると大々的に知らせていた。

該当の屋外広告は約500平方メートル規模の“超大型”で、ソウル市ヨンサン(龍山)区にある「BTS」の所属事務所HYBE社屋の真向かいにある建物に設置された。今月1日から14日までの2週間掲示される。

「BAIDU V BAR」側は、「龍山の新たなランドマークになっているHYBE社屋前の“最適な場所”でおこなう“最高のサポート”という反応を見せたものだ」と説明した。

(2ページに続く)

2021.06.01

blank