マクドナルドがBTSコラボメニューを発売…全米でテレビCMスタート(動画あり)

ハンバーガーチェーン大手のマクドナルドが26日(現地時間)に米国をはじめとする世界12カ国で、韓国の人気音楽グループBTS(防弾少年団)とコラボレーションした限定セットメニュー「BTSミール」を発売したと、米国CNNなどが伝えた。6月にかけて各国で順次発売し、計50カ国・地域で販売する。

BTSミールはチキンマックナゲットとフライドポテト、コーラのセット。韓国のマクドナルドで人気のソースに着目した2種類のソースも添えた。ソースのふたにはハングルでも「スイートチリ」「ケイジャン」と書かれている。

マクドナルドが有名芸能人とコラボしたセットメニューを世界展開するのは初めて。米国での発売に合わせ、この日から全土でテレビCMの放送を始めた。

BTSの新曲「Butter」が流れる中、メンバー7人がメニューを紹介する。

またマクドナルドは、BTSイメージカラーの紫色を取り入れたキャップやフード付きTシャツ、バスローブ、靴下などの企画商品も販売する計画だ。

これらのグッズはBTS所属事務所のBig Hitエンターテインメントが手掛けるファン向けコミュニティーアプリ「Weverse(ウィバース)」のショッピングアプリで取り扱う。

マクドナルド米国法人のマーケティング責任者は「BTSミールの発売計画が発表されると、世界中のファンが驚くほどの熱い思いと期待を寄せた」と語った。同法人のアプリでは販促イベントとして、BTSのバックステージでの姿を収めたデジタルコンテンツを4週にわたり順次公開する。

2021.05.27

blank