「ヴィンチェンツォ」チャン・ハンソ役の俳優クァク・ドンヨン、“10代の若い頃から社会人生活、『ユーモア』は生き残る戦略だった”


俳優クァク・ドンヨンの男性美溢れるグラビアが公開された。

24日、マガジンエスクァイアは6月号に載せられたクァク・ドンヨンのグラビアを公開した。彼は多様な衣装を着こなし、今まで見せなかった魅力を披露した。

撮影後に続いたインタビューでクァク・ドンヨンは最近話題となったインスタグラムの「質問はありますか(韓国:何でも聞いてください)」について言及した。彼はファンたちの質問に直接手書きで返事を残して視線を集めた。

クァク・ドンヨンは「流行語には遅れている方」と言い、「手書きで返信し始めたのは、最初の頃にテキストを入力する機能を知らなかったためだ」と笑った。そう言いながら「テキストの入力より、もっと丁寧に見え、ファンが好むためこれからも続ける」と加えた。

10代の若い頃から一人で暮らしたクァク・ドンヨンはユーモアが自分の「生存戦略」だったと冗談を言ったりもした。「冗談の根源は10代の若い頃から始まった社会人生活から」と明かした。

続いて「昔から、一緒に仕事をしている人たち皆が楽しく笑いながら作業をして欲しいと思っていた」と言い、「どんどん年を取るにつれ、私の周りの人だけでなくファンたちも楽しんでほしいという気持ちが生じ、ユーモアの感覚を培ってきたと思う」と伝えた。

WOW!Korea提供

2021.05.25

blank