≪韓国ドラマNOW≫「マウス」20話(最終回)、イ・スンギが刑務所に入ってアン・ジェウクに会う=あらすじ・ネタバレ


≪韓国ドラマNOW≫「マウス」20話(最終回)、イ・スンギが刑務所に入ってアン・ジェウクに会う=あらすじ・ネタバレ

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

tvNドラマ「マウス」20話では、死刑を求刑されたバルム(イ・スンギ)の様子が描かれた。

サイコパス遺伝子の堕胎法案が通過し、バルムは1審裁判で死刑を求刑された。バルムは控訴を放棄し、死刑が確定した。

バルムは刑務所に入り、バルムを見たソジュン(アン・ジェウク)は「そうだろ。戻ってきたな、あの目つき」とうれしそうな笑顔を見せた。

バルムは、刑務官であり友人のドング(ウ・ジヒョン)に「どうしてここを志願したんだ?まさか俺に会いたかったのか?」と聞いた。

ドングは「そうだ。どうしても聞きたいことがあったんだ。どうしてこんなことになったんだ。他の人ではなく、チグク(イ・ソジュン)を、ボンイのおばあちゃん(キム・ヨンオク)、神父さん(キム・ヨンジェ)をあんな目に…」と言うと、バルムは「俺がどうしてお前を殺さなかったのか気にならないのか?お前は殺す価値もないからだ」とあざ笑った。

ソジュンがいる部屋に行ったバルムは「会いたかったです、お父さん」とあいさつした。

ソジュンは「初めからお前の目を見て分かった。私と同じ種類の優れた遺伝子を持っているって。お前が私の息子だと分かった時、とてもうれしかった。誇らしかった。忘れるな。私たちは人間よりも優れた遺伝子を持っているんだ。二度と変わってはならない。その目つきだ」とバルムを抱き寄せた。

バルムは「これが最善でしょう」と言った後、ソジュンを刃物で刺して殺した。

WOW!Korea提供

2021.05.21

blank