性暴行容疑の「ZEST」が反論、相手側を「虚偽事実」で告訴

性暴行容疑の「ZEST」が反論、相手側を「虚偽事実」で告訴

韓国のアイドルグループ「ZEAT(ゼスト)」側が、20代女性より性暴行容疑で告訴されたことに対し、立場を明かした。

「ZEST」の所属事務所は5日、メンバーが性暴行容疑で訴えられたことに対して、「20代女性が数か月前から悪意あるうわさをオンライン上に流していた。我々は、先に女性を虚偽事実流失の容疑で告訴していた」と説明。

続けて「メンバーが性暴行したという女性の主張は、事実無根である」と強調した。

一方、ソウル江南警察署は、20代の女性が自身を性暴行したとして先月27日、グループ「ZEST」のメンバーを警察に告訴したことを明かした。

WOW!korea提供

2015.03.05

blank