イ・ジュンギ、初の中国映画クランクアップ=帰国の途へ

イ・ジュンギ、初の中国映画クランクアップ=帰国の途へ

韓国俳優イ・ジュンギ(32)が、初出演となった中国映画の撮影を終了した。

去る3日、イ・ジュンギ主演の中国映画「シチリアの太陽の下で」がクランクアップを迎えた。イ・ジュンギは同作品で、愛する女性を最後まで守り抜くパク・ジュンホ役を担い、至高至純な愛を描いた。

映画は、中国・上海とイタリア・シチリアを舞台に国境を越えたラブストーリーを描いたため、イ・ジュンギは約2か月半、海外で生活しながら撮影に参加。昨年、好評を得たドラマ「朝鮮ガンマン」の終演後、すぐに展開されたアジアツアー、中国映画の撮影まで、休む間もなく活動を続けていた。

イ・ジュンギは自身のSNSを通して「本当に幸せな記憶」とし、映画のクランクアップを報告。海外ロケを終えたイ・ジュンギは5日、帰国する。

WOW!korea提供

2015.03.05

blank