歌手イ・スンチョル、“喉手術で「黙言修行」一か月”…歌の大切さに気付いた


「有名歌手伝」で歌手イ・スンチョルが喉の手術で黙言修行をしながら歌に対する大切さに気付いたと告白した。

30日の午後に放送されたJTBCバラエティー番組「有名歌手伝」では歌手イ・スンチョルが有名歌手として訪れた。「シングアゲイン」の17号歌手ハン・スンユンが一緒に出演した。

イ・スンチョルは芳名帳に自分を「僕は天性歌手だ」と表現し視線を引いた。これにイ・スンチョルは喉の手術をして約3年が経ったと、手術当時に一か月間、黙言修行をしたと語った。

イ・スンチョルは「一か月間一人で考えたけど、歌えないから自分が何でもないような気がした。僕は天性歌手だった。歌しかできない人。歌を除くと死体と同様」と話し「本当に大切だったことに気付いた」と告白した。

一方、JTBCバラエティー番組「有名歌手伝」は「ガッ(意味:たった今)有名歌手」になった「シングアゲイン」のTOP3(イ・スンユン、チョン・ホンイル、イ・ムジン)が韓国レジェンド歌手たちの「ガッ(GOD)有名歌手」たちに会い広がる音楽と物語を込めたプログラムで毎週金曜の午後9時に放送される。

WOW!Korea提供

2021.05.01

blank