俳優ユン・ゲサン、脳動脈瘤の手術を明かす…「再び生きられる機会を得た」


韓国俳優ユン・ゲサン(42/god)が脳動脈瘤の手術を受けていたことを打ち明けた。

ユン・ゲサンは雑誌GQ KOREAの撮影で久しぶりに姿を見せた。次期作「クライムパズル」の出演を確定し、新たに始動した彼は「自由」をコンセプトにした画報撮影に臨んだ。

インタビューでユン・ゲサンは昨年、脳動脈瘤の手術を受けていたことを明かし、現場を驚かせたという。「過ぎたことだから話すけれど、昨年、脳動脈瘤の診断を受け、血管にステントとコイルを挿入した。考え方が変わった。発見されたから良かったものの、知らなかったら、ある日、急に死んでいたかもしれない事態だ。偶然、見つかって、再び生きられる機会を得たと思っている。運が良かった」と正直に打ち明けた。

1年間、すべての活動を中断し回復に専念したおかげで、健康になった状態で新たな所属事務所JUSTエンターテインメントと契約。次期作出演を決定するなど、意欲的な歩みを見せている。

WOW!Korea提供

2021.04.23

blank