「(G)I-DLE」、“校内暴力疑惑”スジンを除く5人体制で新曲音源発売へ


韓国ガールズグループ「(G)I-DLE」が“校内暴力疑惑”が浮上したスジンを除いた5人体制で新曲音源を発売する。

19日、韓国メディアheraldPOPによると、UNIVERSE側は「(G)I-DLE」のUNIVERSEミュージックの新曲音源「Last Dance(Prod. GroovyRoom)」を、スジンを除く5人体制で発売する予定だという。

UNIVERSEミュージック側はお知らせを通じて「UNIVERSEミュージックの新規音源である(G)I-DLEの『Last Dance(Prod.GroovyRoom)』は、ことし2月に全てのレコーディング、ミュージックビデオ(MV)、各付加コンテンツの撮影を完了しており、4月末に公開を予定していた」と伝えた。

続けて「ところが3月に(G)I-DLEメンバーのスジンに関する騒動が起き、現在、(G)I-DLEは5人体制に再編された状態で活動している」と付け加えた。

また「これに関してUNIVERSEは、(G)I-DLEの所属事務所であるCUBEエンターテインメント側とすでに作業済みの音源やMVなどについて論議を進め、流通会社や様々なパートナー会社との契約の関係、有/無形的損失などを考慮した時、全てのコンテンツを新たに制作するのは難しいという判断を下し、次のように既存の校正を調整した」と知らせた。

UNIVERSEミュージック側は「新曲の音源は構成や歌詞を修正し、5人の(G)I-DLEメンバーでパートを再分配して録り直しを完了しており、スジンがいない5人体制で発売する予定だ。それ以外の写真、メイキングなどの付加コンテンツも最大限5人体制にする予定だ。最後に莫大な費用と様々なパートナー会社の制作人員が投入されたMVの場合は、スジンの出演分量を最小限にする方向で再編集して公開しようと思う」と伝えた。

最後に「今後もUNIVERSEはさらに良いコンテンツを提供するために努力していく」と述べた。heraldPOPによると、同日スジンの所属事務所CUBEエンターテインメント側は「スジン除いた新規音源発売の事実について立場を申し上げにくい」と伝えたという。

先立って、先月スジンは自身をめぐる校内暴力疑惑について釈明し、女優ソ・シネとも何の関係もないと主張した。しかし、ソ・シネがスジンの言葉に反論しながら、校内暴力に遭った事実を暴露。これに対してスジンは約3週間釈明をしていない。

WOW!Korea提供

2021.04.19

blank