俳優キム・ジョンヒョン、過去の言動を謝罪も”操られた”とされる元恋人ソ・イェジには「言及なし」


韓国俳優キム・ジョンヒョン(31)がついに口を開き、謝罪の言葉を伝えた。

キム・ジョンヒョンは14日午後、過去自身が主演を務めたドラマ「時間」で周囲に無礼な態度をとったこと、また途中降板したことを自筆の手紙で謝罪。

この謝罪文でキム・ジョンヒョンは「僕は監督や作家、同僚俳優およびスタッフの方々を大きく失望させ、傷つけてしまったと自覚しています」と認め、「ドラマ『時間』から途中降板した全ての過程、制作発表会での僕の行動は、自分自身の過ちです。これによって傷つけてしまったソヒョン先輩(少女時代)をはじめ、当時共に苦労した全ての関係者の方々に心よりお詫びいたします」と陳謝した。

しかし、「当時、キム・ジョンヒョンは交際していた女優ソ・イェジから言動を操られていた」と報じられた件については、ノーコメント。元恋人ソ・イェジについては、一切言及しなかった。

WOW!Korea提供

2021.04.14

blank