チャ・ハギョン(VIXXエン)、除隊後初の復帰作「ザ・フェア」でサイコパスの殺人犯を演じる…“演技すると簡単なシーンはひとつもなかった”


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

俳優チャ・ハギョン(VIXXエン)が、tvNドラマステージ2021の「ザ・フェア」での熱演で視聴者に強烈な印象を残した。
7日に放送された「ザ・フェア」でチャ・ハギョンは、「コ・ドヨン」という役割で極限に駆け上がる状況の中で変化する人物の感情を柔軟に描き出して見る人をドラマに引き込んだ。


tvN「ザ・フェア」は、新しい刑罰制度である仮想犯罪プログラム(VCP)を通じて、7回の殺人をインターネットで生中継した犯人を断罪する主人公の正義の実現劇で、チャ・ハギョンはインターネット放送事業者「ドヨン」役を演じて好演を受けた。

劇中「コ・ドヨン」は7人の被害者を殺害し、すべてのプロセスを自身が運営する「LANケーブル推理」というインターネット放送を通じて生中継した連続殺人犯だった。被害者が経験した恐怖と苦痛を加害者も同じように経験にする仮想犯罪プログラム(VCP)が大韓民国の矯正法として公式に採用され、7人を残酷に殺したコ・ドヨンがVCPプログラムの最初の執行対象者に選ばれる過程でチャ・ハギョンは、「コ・ドヨン」というキャラクターの両面性を繊細に描き出してドラマの真実味を一層高めた。


コ・ドヨンは、自身の面会とVCP判決を拒否して控訴するよう促すチュ・チョル(チェ・ビョンモ)に、「それを見たところで私が実際に死ぬわけでもないのに、なぜここまで来て脅迫するのか?私がおとなしく動くと思うのか?」とチュ・チョルをあざ笑う余裕ある態度を見せた。しかし、度重なるVCP執行により、自身が殺した被害者の苦痛を実際に感じながら180度変わった態度を見せるようになった。

(2ページに続く)

2021.04.08

blank