CNBLUE ジョン・ヨンファ、「テバク不動産」初放送を前に意気込みを語る「韓国の退魔ドラマの中で最も親しみやすく温かい退魔師として記憶されるだろう」

KBS2TV水木ドラマ「テバク不動産」に出演するCNBLUEのジョン・ヨンファが、悪魔祓いの詐欺師オ・インボム役の魅力を直接伝えた。

KBS2TV水木ドラマ「テバク不動産」は、公認仲介士の退魔師が退魔専門の詐欺師とチームになって廃墟となった不動産の怨霊や地縛霊を退治して、数奇な事情を解放するというドラマだ。

ジョン・ヨンファは 「幽霊なんているわけがない」と言いながらを幽霊を利用してお金を稼ぐ退魔詐欺師のオ・インボムを演じる。「テバク不動産」の社長ホン・ジア(チャン・ナラ)と出会った後、退魔師に変貌し、詐欺師の白々しさや退魔師に憑依する姿まで多様な演技で魅了する予定だ。

何よりもジョン・ヨンファは「新しいジャンルの退魔ドラマなのでワクワクする」と「テバク不動産」を選択した理由を明らかにした。「今日に忠実で純粋さが際立つ人物」とオ・インボム役を紹介したジョン・ヨンファは「多様な姿に変身するキャラクターなので視聴者の方々がどのように受け止めてくれるか気になる」と初放送を控えた所感を伝えた。

特に、新しいジャンルの演技に備え「幽霊が出るドラマや映画はほとんど全部見たと思う」と情熱的な姿勢を見せたジョン・ヨンファは「体に入ってきた幽霊の人生を理解しようと努力する部分が最も重要」と幽霊の事情に注目したことを明かした。また、「オ・インボムは韓国の退魔ドラマの中で最も親しみやすく温かい退魔師として記憶されるだろう」と今回の役割への誇りを表した。

ジョン・ヨンファは、先日公開され話題を集めたプールスチールについて「普段よりも上半身の運動に神経を使っただけなのに恥ずかしい」という率直な思いを打ち明けた。続いて軍除隊後にさらに運動に励んでいるジョン・ヨンファは、「運動を生活化したことで体力の損失が多いアクションシーンを無事に行うことができたようだ」とはにかむように伝えた。

一方、 母親から悪魔祓いの能力を受け継いだホン・ジア役に扮するチャン・ナラと初めて演技呼吸を合わせるジョン・ヨンファは、「テバク不動産」の視聴ポイントとしてチャン・ナラとの演技呼吸を挙げた。相手役のチャン・ナラについて「ドラマ上でも撮影現場でも僕を導いてくれる真のボス」と絶賛を惜しまなかった。

最後に、「『テバク不動産』 を通して様々な姿と魅力を伝えることができると思う。限界を超える心情で撮影に励んでいるので多くの関心をお願いしたい」と覚悟を明らかにした。

制作陣は「ジョン・ヨンファは知れば知るほど“情熱という言葉を抱いて生きる俳優”という気がする」とし、「果敢な変身に挑戦したジョン・ヨンファの努力が光を放つ『テバク不動産』 を期待してほしい」と伝えた。

KBS 2TV水木ドラマ「テバク不動産」 は、4月14日から韓国で放送が始まる。

2021.04.01

blank