「CNBLUE」イ・ジョンシン、保護動物寄付キャンペーンに参加…飼料2トンを寄付


グループ「CNBLUE」のイ・ジョンシンが、意味深い寄付キャンペーンに参加しました。

イ・ジョンシンは、ハリムペットフードとともに“レッツポルチャク”寄付キャンペーンの一環で、3月30日、保護動物保護センターを訪問して、散歩奉仕、保護犬舎の清掃などのさまざまな奉仕活動に参加して動物たちに対する格別の愛情を見せました。 また、保護動物保護センターに飼料2トンを寄付した。

イ・ジョンシンは「捨てられた子たちなので心が痛いが、美しい目を持っている子たちに会って僕の方が幸せな時間だった」と、あたたかい心を表現して持続的に参加するという意思を明らかにした。

ハリムペットフードは昨年11月、「TV動物農場」と共にキンポ(金浦)市の犬農場から約80匹の保護犬を救出して“ポルチャクハウス”臨時保護センターを運営中です。 “ポルチャクハウス”は捨てられた動物たちが健康と平安を取り戻してぴょんとぴょんと飛び回るように願うという意味で作られた臨時保護センターだ。

“レッツポルチャク”寄付キャンペーンは、“ポルチャクハウス”運営趣旨の一環として難しい環境に置かれた他の保護動物の保護センターにも飼料を支援して捨てられた動物たちの幸せなポールパートナーを作るハリムペットフードのCSRキャンペーンを行っている。

“レッツポルチャク”寄付キャンペーンは、「CNBLUE」のイ・ジョンシンを始め、さまざまなセレブたちが参加して、全国各地の難しい環境の臨時保護所に飼料を寄付する予定だと明らかにした。

 

2021.04.01

blank