Verbal Jint、6年ぶりフルアルバム「変曲点」発売…Swingsがフィーチャリング


ヒップホップミュージシャンVerbal Jintが新譜を持って帰ってくる。

29日、所属事務所は「Verbal Jintが4月6日18時、7thフルアルバム『変曲点』を発売する」と明らかにした。Verbal Jintのフルアルバム発売は2015年に公開された「GO HARD Par1:量価値」以来、約6年ぶり。

所属事務所はこのニュースと一緒に7thフルアルバムのイメージカットを公開した。画像には、これまでに発売した六枚のアルバムを通り過ぎるVerbal Jintが込められて、好奇心を刺激し、今回のアルバムを通じて彼がどんな話を伝えるのか関心が集まっている。

タイトル曲「公人」は広く大衆的に使われる「公人」という単語に関する洞察を盛り込んだ曲だ。
Verbal Jintは日常生活の中で自分自身を見つめる様々な視線を特有の哲学的な歌詞で表現する。Swingsがフィーチャリングに参加し「公人」で伝えるメッセージに力を送る。

「公人」のミュージックビデオは、「You Deserve Better」、「Good morning」、「Good Start」などVerbal Jintの代表曲のミュージックビデオを誕生させてきたMJJムン・スンジェ監督が演出を引き受ける。

所属事務所側は、「今回のアルバムは、Verbal Jintが全曲作詞、作曲、編曲に執拗なほど集中して彼だけの多彩な音楽性がそのまま込められた。7thフルアルバムの発売が決定されるまでに長い時間がかかっただけに、Verbal Jintは本当に心血を注いで作業した」と伝えた。

また、「2021年は、発売当時ヒップホップシーンに多大な反響を呼んでラッパーの教科書と評価されたEP『Modern Rhymes』発売20周年でもある。『Modern Rhymes』20周年を記念するアルバムも発売予定だ。多くの期待をお願いする」と付け加えた。

Verbal Jintの7thフルアルバムのフィジカルアルバムは数量限定で製作される。今回のアルバム発売を記念しグッズと一緒に販売される予定だ。詳細は後日公開される。

WOW!Korea提供

2021.03.30

blank