【ドラマがいいね!】ヒョンビン主演『愛の不時着』はどこで撮影されたのか

日本で大人気を博しているドラマ『愛の不時着』。ヒョンビンとソン・イェジンの主役カップルが本当に良くて絵になっている。ドラマを見ていて特に興味があるのがロケ地だ。北朝鮮での場面はどう撮っているのだろうか。

主要な撮影地は?

ドラマの始まりを見てみよう。
財閥令嬢のユン・セリ(ソン・イェジン)がパラグライダーをしているときに、竜巻によって誤って非武装地帯(DMZ)に不時着してしまう。
その結果、北朝鮮の将校であるリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)に発見され、以後、ユン・セリは北朝鮮で必死の逃亡劇を繰り返すことになっていく。
ドラマの中で特に重要なロケ場所は四つだ。
それは、ユン・セリが不時着した林の中、次に北朝鮮の軍部隊の施設、そして、平壌(ピョンヤン)駅、最後に北朝鮮軍の人々が住む村である。
当然ながら、韓国のドラマ制作の際に北朝鮮で撮影はできない。
そうであるなら、どこで撮影されたのか。
まず、ユン・セリが不時着した林の中は、韓国の済州島(チェジュド)にある山中で撮影された。

次に、北朝鮮の軍部隊の施設は、韓国東北部の江原道(カンウォンド)のムクケリという場所で撮影を行なっている。
ここは、韓国でも軍隊関連の撮影をするのに便利なところであった。
そして、平壌駅が撮影されたのはどこなのか。
なんと、モンゴルのウランバートルだった。
ここまで遠くに撮影に行ったのだ。
それだけではない。平壌駅の他にも、開城(ケソン)駅や列車の場面がウランバートルで撮影されたという。
最後に、北朝鮮軍の人々が住む村の撮影は、大々的なオープンセットを使った。それだけに、思う存分に撮影をすることができた。
とはいえ、舞台が北朝鮮だけに、『愛の不時着』の撮影地は各地に広がって本当に大変だったようだ。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

兵役後のヒョンビンは『愛の不時着』までどう演じてきたか

『愛の不時着』のヒョンビンが国王を演じたらどうなる?

ヒョンビン主演の『アルハンブラ宮殿の思い出』が面白い!

優れた洞察力を持った俳優ヒョンビン

韓国の芸能界はこんなにも大変だ!

2021.03.28

blank