「飲酒運転」キム・ユンサンSBSアナウンサー、3か月の停職処分


飲酒運転で摘発されたキム・ユンサンSBSアナウンサー(33)が、会社から3か月の停職処分を受けた。

最近SBSは、キム・ユンサンアナウンサーの品位損傷及び会社の名誉毀損による理由で、3か月の停職処分を下した。

キム・ユンサンアナウンサーは4日、ソウルの複合マンションの駐車場を乗用車で走行中に壁にぶつかり、消火栓と壁の一部を破損させた。

事故直後、キム・ユンサンアナウンサーの血中アルコール濃度は免許取り消しレベルの0.08%以上であった。

当時SBSは「これを深刻な事案だと認知しており、(キム・ユンサンアナウンサーは)すべての番組を降板した」とし「調査結果に応じて適切な措置をとる」と述べている。

キム・ユンサンアナウンサーも自身のSNSに、「言い訳の余地がありません、私が間違っています。失望した方々にも申し訳ありません」と書いた。続いて「母の涙を見て、心が張り裂けそうです。醜い人間です。あらゆる批判も受け取り反省いたします。本当に申し訳ありません」と付け加えた。

キム・ユンサンアナウンサーは2015年に入社した。バラエティ番組「路地レストラン」「一夜のTV芸能」「執事部一体」などにも出演し、「SBS 8ニュース」のスポーツニュースも進行していた。

WOW!Korea提供

2021.03.25

blank