ウェンディ(Red Velvet)、1stソロアルバムはダブルタイトル曲に確定…共感と慰めのメッセージを込める


来る4月5日にソロデビューするガールズグループ「Red Velvet」ウェンディがダブルタイトル曲で“音色の女神”らしい魅力的なボーカルを聞かせてくれる。

ウェンディの1stミニアルバム「Like Water」は4月5日午後6時、FLOやMelon、genie、iTunes、アップルミュージック、Spotify、QQ Music、KUGOU Music、Kuwo Musicなど各種音楽配信サイトで全曲の音源が公開される。

特に今回のアルバムにはダブルタイトル「When This Rain Stops」と「Like Water」をはじめ、ウェンディの魅力的な音色優れた歌唱力、温かい感性に出会える全5曲が収録されており、グローバルな音楽ファンを魅了する見通しだ。

ダブルタイトル曲のうちのひとつである「When This Rain Stops」は重厚感のあるピアノ演奏とウェンディの温かいボーカルが調和したスローテンポのバラード曲で、繊細な感情表現から爆発的な高音までダイナミックな歌唱が引き立ち、ウェンディの自伝的なストーリーを描写した歌詞には、人生に疲れた瞬間、“時にはしばらく休んでも大丈夫”という共感と慰めのメッセージが込められており、期待を高める。

WOW!Korea提供

2021.03.25

blank