「SUPER JUNIOR」シウォン、新曲のエンディングポーズに悩む「笑えないと雰囲気が…」


韓国アイドルグループ「SUPER JUNIOR」シウォンが新曲「House Party」のエンディングポーズについての悩みが大きいと語った。

23日午後に放送されたMBC FM4U「正午の希望曲キム・シニョンです」でDJキム・シニョンとメンバーらは最近話題となっている「House Party」エンディングポーズに関する話をした。

イトゥクはメンバーらがこれまでステージで様々なエンディングポーズをしたと話し、シンドンは「シウォンも朝からかなり悩んでいる」と述べた。

これにシウォンは「1人でいたらスムーズに済んだのに、メンバーたちといると強迫観念に悩まされる。ノイローゼになりそうだ」とし「笑えないとステージから降りたとき、リーダーを筆頭に雰囲気が冷ややかだ」と話して、笑いを誘った。

一方、「SUPER JUNIOR」は去る16日、10thアルバム「The Renaissance」を発売し、タイトル曲「House Party」で活発に活動中だ。

WOW!Korea提供

2021.03.23

blank