【時代劇が面白い】悲劇の五大世子/朝鮮王朝の五大シリーズ1(特別編)

 

ドラマに登場する2人
◆思悼(サド)世子
〔1735~1762年〕
21代王・英祖(ヨンジョ)の息子。幼い頃から聡明で後継者としての期待が高かった。しかし、精神的な重圧に耐えきれず、素行が乱れた。英祖の逆鱗(げきりん)に触れて自決を命じられた。従わないでいると、米びつに閉じ込められて、8日目に餓死した状態で発見された。息子が名君として名高い22代王・正祖(チョンジョ)である。

◆孝明(ヒョミョン)世子
〔1809~1830年〕
23代王・純祖(スンジョ)の長男。1827年、18歳で父の政治を代行するようになった。人事面や法制面で優れた統治能力を見せ、名君になる素養を感じさせた。

しかし、21歳で早世。その死を誰もが惜しんだ。パク・ボゴムが主演した大ヒット時代劇『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンのモデルとなっている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

李成桂(イ・ソンゲ)は太祖(テジョ)となり後継者指名で大失敗/朝鮮王朝物語1

世祖(セジョ)の時代/朝鮮王朝の波乱万丈5

昭顕世子(ソヒョンセジャ)が急死した真相は何か?

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

イ・ヨン(孝明世子)の史実はどう記録されているか

 

コラム提供:ヨブル

http://yoble.jp/

2021.03.22

blank