「SEVENTEEN」スングァン、「AKMU」スヒョンと幻想のコラボ…「いつ頃なら」をカバー


韓国アイドルグループ「SEVENTEEN」スングァンが「いつ頃」カバー映像で別れの感性を刺激した。

所属事務所プレディス(PLEDIS)エンターテインメントは17日午後、「SEVENTEEN」の公式YouTubeおよびSNSチャンネルに「[COVER]スングァン×スヒョン‐いつ頃なら(原曲:ユン・ヒョンサン(Duet.IU)」の映像をサプライズ公開した

映像の中でスングァンは、日常の平穏さが感じられる空間で、相反する別れの後の恋しさと寂しい感情で歌い続け、見る人々を一気に魅了した。

胸が詰まるような歌詞を特有の訴える力の強い音色で淡々と表現したスングァンは、イ・スヒョンとハーモニーを奏でながら豊かなデュエットを完成した。加えて深い眼差しと繊細な表現力が調和を成して原曲の感性をさらに高めた。

特に今回のカバー映像はスングァンと「AKMU」イ・スヒョンと昨年12月「Text Me Merry Christmas」カバー映像以来、2回目に息を合わせたもの。これを前に披露されたカバー映像で、甘い音色はもちろんメッセージをやり取りしながら、初々しくて可愛らしい演技で温かいクリスマスキャロルを披露していた。今回「いつ頃なら」カバー映像で2人はより一層深まった雰囲気を醸し出し、完ぺきなシナジー効果を発揮して全世界の音楽ファンたちの熱い反応を得ている。

それだけでなく、スングァンはこれまで多様な名曲のカバー映像を通じて、幅広い音楽的技量を披露し、当該映像はYouTube再生回数が200万をはるかに超える熱い話題性を立証、名品ボーカリストとしての存在感を示し、これからも続く多彩な歩みに期待感を高めた。

WOW!Korea提供

2021.03.18

blank