<トレンドブログ>「SUPER JUNIOR」が帰ってきた!!…17年目キャリアで選びに選んだ10thフルアルバム


2005年のデビュー以来、K-POPの世界化を牽引してきた17年目のアイドルグループ「SUPER JUNIOR」が、10thフルアルバム「The Renaissance」とともに帰ってきました。

16日に公開されたニューアルバムは、昨年デビュー15周年を記念してリリースする予定だったが、コロナ禍とより高い完成度のために先送りされ、いよいよ公開することになりました。

アルバム公開に先がけて行われたオンライン記者懇談会で、リーダーのイトゥクは「昨年12月に発表しようとしたが、良いクォリティーで挨拶したい欲があった」と、待ってくれたファンたちに感謝の気持ちを伝えました。 学問または、芸術の再生と復活を意味する“ルネサンス”をアルバム名にしたことに関しては、「フルアルバムの枚数が2けたになっただけ、このアルバムを転換期とみなして『SUPER JUNIOR』の音楽の復興期を迎えるという意味」と、説明しました。

ウニョクは「この頃、ミニアルバムやシングルを多く出す傾向だが、『SUPER JUNIOR』はフルアルバムを出すことに対する自負心がある。 常に精魂を込めて10曲以上をぎゅっと満たしたアルバムを出していたし、今回もそうだ」とし、「心血を注いで作った歌のうちでもタイトル曲は熟慮の末に決めた。 好きになってくださったらいいなと思います」と、自負心を表わしました。 彼の話のように今回の「The Renaissance」のアルバムには、ポップ、バラード、ダンスなど多様なスタイルの10曲が収録されたし、一層深くなった「SUPER JUNIOR」の音楽世界を満喫することができます。

軽快で楽しいリズムのタイトル曲「House Party」は、コロナ禍で皆が大変な状況だがわずかな日常の楽しみをなくすことはやめようという意味を愉快な歌詞で解きほぐしました。

シウォンは「『House Party』を作業しなが、以前のように(ファンと)対面して楽しくて幸せな時間を過ごしたかった。 非対面コンサートでごあいさつすると思うが、後で再び対面コンサートで会いたい」と、話しました。

イトゥクは「疲れて憂うつな時であるほど、明るくて楽しい僕らの音楽を聞いて気分転換されたらいいなと思います」という希望を表わしました。

「House Party」のミュージックビデオも音楽の雰囲気に合うように楽しい日常を楽しみたいパーティーコンセプトの「SUPER JUNIOR」と、これを防ごうとするダークカリスマな「SUPER JUNIOR」が対立する内容をウィットあるように描き出しています。

「SUPER JUNIOR」は今年デビュー17年目を迎えました。 アイドルグループとして休むことなく長い時間を活動している唯一のグループです。 ヒチョルは長寿の秘訣に関し「17年の間、アルバムを着実に出すことができたのは、続いた再契約のためのようだ」と、話して笑わせました。

「SUPER JUNIOR」はK-POPをアジアはもちろん、全世界に伝播した1世代グループであり、現在進行形のグループです。 ウニョクはその間最も記憶に残る場面で、2011年にフランス・パリで行われた韓国のアイドルグループで初めて行った単独公演を挙げて、「当時だけでもK-POPがアジアに限定された文化という認識が強かったが、『SUPER JUNIOR』のその公演を基点にK-POPがヨーロッパでも受け入れられるようになる転換点になった」と、追憶しました。

最後にドンへは、「SUPER JUNIOR」が窮極的に望む目標に対して「『SUPER JUNIOR』、この文字で残りたい。 僕らの活気と愉快さを好きになってくださるファンたちに、今後も『SUPER JUNIOR』らしい姿そのものとして残りたい」と、話しました。

良い音楽と素晴らしいパフォーマンスで長い間頂上の席を守ってきた「SUPER JUNIOR」が、ドンへの言葉のように10年を過ぎても今の姿を大切にしてくれればいいなと思います。








WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.03.18

blank