【情報】コロナ対策のNew Normal! 非接触型店舗・韓国水晶焼肉『チョアヨ』が越谷市にOPEN

東京、埼玉、千葉、神奈川、福岡、熊本などに展開する『原価酒場はかた商店』を運営するHOPE株式会社は3月16日に埼玉の越谷に新店舗をOPENしました。

『チョアヨ』3月16日オープン

【お料理、ドリンクはロボットが配膳!?】

昨今の新型コロナウイルスで飲食店が苦しむ中、新形態のお店がOPENしました。

従来の注文・配膳・お会計など人が接する作業をすべて機械で行います。

入店時にQRコード付きの伝票が渡され、自分のスマホからオーダーができ、配膳もロボットが運び、お会計もレジでバーコードを読み込んで自動精算機で払う、店内スタッフと接する回数を極限にまで省いた非接触型店舗です。

「今も飲食店は感染リスクがあると思われがちで、対策を講じてもなかなか客足が遠のくなかで、安心・安全は当然のことながらロボットが皆様のテーブルにお料理を運ぶ楽しみもあります。お子様にも大人気です!(野口店長)」

非接触システム

 

【水晶で焼肉?が焼けちゃう!?】

水晶?パワーストーン?と思われる方もいますが、チョアヨでは水晶プレートで焼肉が楽しめます。焼肉の本場、韓国から仕入れた水晶プレートは遠赤外線の効果で網焼きより旨味の脂が落ちず、ジューシーな焼き上がりです。当店の自慢は48時間熟成した壺漬けカルビ&ホルモンMIX(各850円)。つけダレに48時間漬け込んだ手間暇かけた逸品です。その他に韓国料理では『純豆腐チゲ(750円)』、『甘辛ヤンニョムタッカンジョン(750円)』など新大久保に引けをとらないラインナップ。ドリンクも『チャミスル(550円)』、『生マッコリ(200円)』の他にお酒を飲まない方にも配慮したノンアルカクテルも充実。

「チョアヨとは、韓国語でいいね!という意味です。安心・安全で美味しい韓国料理とドリンクでいいね!と思って貰えるようなお店を作ります。(野口店長)」

2021年のコロナ禍に新しい閃光を放つ『チョアヨ』は、本年度も店舗展開を急加速していく予定です。

(2ページに続く)

2021.03.17

blank