《韓国ドラマNOW》「ヴィンチェンツォ」7話、ソン・ジュンギ&チョン・ヨビン、院長の妻の証人登場...バベルに完璧な勝利=ネタバレ・あらすじ


※ネタバレ・あらすじになる内容が含まれています。

13日に放送されたtvN土日ドラマ「ヴィンチェンツォ」では、ヴィンチェンツォ(ソン・ジュンギ)とホン・チャヨン(チョン・ヨビン)がバベル化学との法廷闘争で勝利した。

この日ヴィンチェンツォは財政証人として出た。先にヴィンチェンツォはホン・チャヨンに「新しい証人をしてみよう」と自身を証人として立てろと話した。

またヴィンチェンツォは、バベル化学研究開発チームの飲み会でわざと暴行事件を起こした。ヴィンチェンツォは、バベル化学研究開発チーム長の携帯電話を証拠として出した。ヴィンチェンツォは「この中に被害者を脅迫した明確な証拠がある」と述べた。

ヴィンチェンツォは「救急車を呼んでくれ。証拠が公開されれば、院長を死ぬほど殴る予定だ」と述べた。ホン・チャヨンは医学専門医を財政証人として要請すると述べた。その時ヘムン病院の院長の妻が法廷に登場して周囲を驚かせた。

ヴィンチェンツォとホン・チャヨンは、敵の敵を友人にするという作戦を立てた。ヴィンチェンツォは院長の妻に接近した。院長の妻は、夫が財産をこっそり引き出して不倫関係を結んでいるという事実を知って怒った。ヴィンチェンツォは「医学の諮問と反対証人をしてほしい」と要求した。続けてヴィンチェンツォは、「院長の全財産が先生に行くようにする。離婚訴訟を引き受ける」と提案した。これに院長の妻は「条件がある。オペラは好きですか」とし「私とオペラを見に行こう」と述べた。

院長の妻は院長とドクターラモスが送受信したメールを証拠として提出した。加えて、妻は院長が麻薬を投与して所持していた話を追加しました。院長の妻は、「その女とよく暮らしなさい。あなたはこれから乞食だ」と話し、マイクで院長の頭を殴った。

WOW!Korea提供

2021.03.13

blank