「ハイド」ヒョンビン、最後まで残る人格はソジンかロビンか?

≪ドラマNOW≫「ハイド」ヒョンビン、最後まで残る人格はソジンかロビンか? ※ネタバレになる内容が含まれています。 25日に放送されたSBSドラマ「ハイド・ジキル、私」では、ク・ソジン(ヒョンビン)とロビン(ヒョンビン二役)の存在について描かれた。 ソジンは自分が一日中登場せずにロビンが代わりにソジンの仕事をしたという事実を知った。 ユン・テジュ(ソンジュン)の所へ行き、症状を相談すると、テジュは「主な人格が消滅する危機だ」と言った。 ロビンも自分の存在に危険を感じていた。ロビンはソジンが作り出した人格だが、氏を望む人格はない。しかしソジンはロビンに「これまでなくそうとばかりしていた。そう、お前は俺だ。もうお前はなくなる。いや、俺の中に残るだろう」と言って、ロビンを困らせた。 WOW!korea提供

2015.02.26

blank