「TREASURE」のメンバー、宿所でのリアルな日常を公開、親近感たっぷりの魅力


グループ「TREASURE」が、2回目のオンラインの新居お披露目会を通じて、純度100%の人間味溢れる日常を公開した。

YGエンターテインメントは19日、公式ブログに自社制作のリアリティーコンテンツ「TREASURE MAP シーズン2」34話を公開した。今回の映像では、「TREASURE」のメンバーの新しい宿所生活が描かれた。

「TREASURE」はデビュー前の昨年6月に最初のオンラインの新居お披露目会を通じて、飾らない正直でいたずらっ子な面を見せ、親近感を感じさせた。デビュー後、宿所を引っ越した彼らは、2回目の新居お披露会を通じて、それぞれの部屋を見て回るツアーと日常を公開し、ファンとより一層身近に交流した。

この日、起きてきたジフン、マシホ、ドヨン、パク・ジョンウは昼ご飯の支度に奔走した。今日のコックはジフンとマシホで、眺めているだけの人はドヨンとパク・ジョンウだった。一日コックのジフンとマシホは、年下のメンバーたちの為に真心をたっぷり込めた炒飯を作った。最初の一口を食べたドヨンは、「わぁ、本当にこれ無人島で100日ずっと食べろって言われたら食べられるよ。」と感嘆し続けた。また世の中が落ち着いたら「ファンと一緒に作る炒飯のイベント」を開きたいと人一倍のファン愛を見せた。

その後、メンバーのジフンからセルフカメラでそれぞれの部屋を紹介するコーナーで、各自の好みや性格に合わせてアレンジされた部屋が公開された。

チェ・ヒョンソクの部屋に集まった、ヨシ、ジュンギュ、ハルトは一緒に「TREASURE MAP シーズン2ロゴソング」を作り始めた。プロデューサーのチェ・ヒョンソクがプロらしく、器用にメンバーの様々な音色が際立った曲を、一瞬で完成させた。そしてチェ・ヒョンソクが部屋を紹介したが、未公開のビハインド写真を公開したり、パソコン部屋、服でぎっしりのクローゼット、青いLED照明など、一目で彼の部屋だとわかる特徴で溢れていた。

最後に4人部屋のユン・ジェヒョク、アサヒ、バン・イェダムの部屋が公開され、アサヒの独特な感性で部屋がおしゃれに飾られており、目を引いた。

全ての部屋の紹介を終え、ソ・ジョンファンの部屋に集まったユン・ジェヒョク、アサヒ、バン・イェダムは、即興のコントを見せて笑いを誘った。そして夕食後にはそれぞれが音楽を聴いたり、ギターを弾いたり、写真を撮るなどして平凡ながら特別な「TREASURE」だけの一日を終えた。

「TREASURE」は最近発表された2020年K-POP決算で、「最も早く成長したアーティスト」1位に挙げられ、韓国国内外からの人気を示した。実際に「TREASURE」がこれまでリリースした「THE FIRST STEP」シリーズのアルバムは合計100万枚以上を売り上げ、驚くべき成果を出している。

「TREASURE」は来たる3月31日に日本での正式デビューする。

WOW!Korea提供

2021.02.19

blank