「KARA」候補生の自殺に衝撃… DSP側「先月、契約解除…悲痛な心情は計り知れない」

「KARA」候補生の自殺に衝撃… DSP側「先月、契約解除…悲痛な心情は計り知れない」

韓国人気ガールズグループ「KARA」の候補生で構成されたグループ「Baby KARA」のソジン(23)が自ら命を絶ったことがわかり、衝撃が走っている。

DSPメディア関係者は25日、「ソジンは先月に会社を去ったが、このようなことになってしまい、衝撃を受けている。悲痛な心情は計り知れない」と語った。

ソジンは、昨年放送されたMBCミュージック「KARAプロジェクトThe Beginning」を通して世間に顔を知られた。同番組は、これまでDSPメディアで数年間、全体的なトレーニングを積んできた6人のメンバーで「Baby KARA」を結成。過酷なトレーニングを経て、「KARA」メンバーに選ばれるため、ミッションを遂行していくプロジェクトだった。ソジンは最終オーディションで脱落していた。

一方、ソジンは24日午後2時17分頃、大田(テジョン)にあるアパートの花壇で倒れているのを発見された。通報を受けて駆け付けた救急隊によって近隣の病院へ運ばれたが、死亡が確認された。

WOW!korea提供

2015.02.25

blank