「BTS」のPD、PDOGGが3年連続で著作権大賞を受賞


韓国のPD(プロデューサー)PDOGG(ピドッグ)が韓国音楽著作権協会著作権大賞で3年連続作詞、作曲同時受賞する。

18日午後3時に開かれる第7回KOMCA著作権大賞(以下 著作権大賞)でPDOGGが3年連続大衆作詞、作曲分野大賞を受賞する。

韓国音楽著作権協会が毎年2月に主催する著作権大賞は前年の一年間で分野別に最も多く著作権料を受けた作詞、作曲家へ授与する。今年はコロナ禍の状況により韓国音楽著作権協会YouTubeチャンネルを通じてオンライン生中継で進行する。

PDOGGは「BTS」の「小さなものたちのための詩」、「春の日」、「FAKE LOVE」、「HOME」など、韓国国内だけでなく海外でも大きな人気を受けた曲らを作り3年 連続で作詞作曲分野大賞受賞という歴史를を打ち立てる。

大衆編曲分野では作曲家のチョ・ヨンスが受賞した。先日の1回、2回 著作権大賞で編曲分野大賞を受賞したチョ・ヨンスは3度目の編曲大賞受賞の栄光に輝いたことになる。

その他、クラシック分野でキム・ソンギュン、韓国国学分野でパク・ギョンフン、童謡分野でイ・サンヒ氏が各分野別で大賞を受賞した。

2020年の年間で、 最も多くの音源 ストリーミング回数を記録した曲に授与する「Song of the Year」は「BTS」の「小さなものたちのための詩」が占めた。

韓国国内の音楽発展への功労を称える音楽人を集める「KOMCA名誉の殿堂」では1940~50年代に活動し「泣いて越えるバクタルジェ」、「断腸のミアリ峠」「万里浦の愛」等を作詞した故バン・ヤウォル先生を祭る。

WOW!Korea提供

2021.02.18

blank