「aespa」、ブランドのアンバサダーに就任=選抜理由は「メンバーのエネルギーに圧倒されたから」


韓国女性グループ「aespa」がGivenchyの2021ブランドアンバサダーに就任した。

クリエイティブディレクターMatthew M. Williamsのコレクションと主要ラインを披露する予定だ。

GivenchyがK-POPアーティストをブランドアンバサダーに選ぶのは「aespa」が初めてだ。さらに個別のメンバーではなくグループでブランドの顔になるのは異例のことで、“グローバルスーパールーキー”の「aespa」の影響力を証明した。

クリエイティブディレクターのMatthew M. Williamsは「初めて『aespa』を見た時、各メンバーが持っているエネルギーに圧倒された。グループとしてももちろん、メンバーそれぞれが持っている個性とスタイルはGivenchyの感性に合うと思った。『aespa』のファッションは彼女たち自身のカラーを意味している」と伝えた。

「aespa」は「Givenchyの新しいクリエイティブディレクターとコラボすることができてうれしい。生まれ変わったGivenchyのチャプターに参加することができたので、様々な活動をお見せできるように頑張っていく」とアンバサダー就任の感想を述べた。

「aespa」は昨年11月「Black Mamba」でデビューし、K-POPグループのデビュー曲MVとしては最短で1位を記録し、アメリカのビルボードと中国最大の音楽サイトQQミュージックなど、世界中のチャートで“怪物新人”らしいパワーを見せた。また、最近リメイク曲「Forever」を公開した。

WOW!Korea提供

2021.02.10

blank