キム・ミョンス(INFINITE・エル)、海兵隊入隊について“国防の義務は誰もが果たすべき”


俳優キム・ミョンス(INFINITE・エル)が入隊を控えて心境を伝えた。

キム・ミョンスが来る22日に海兵隊教育訓練所に入所し国防の義務を履行する事を発表した。

キム・ミョンスは10日にOSENとの書面インタビューを通じて「海兵隊に申し出た特別な理由はない。韓国の国民であれば誰もが国防の義務を果たすべきべきであり、僕もその中の一人にすぎない。普段から海兵隊に対して良いイメージを持っていたので、ドラマ撮影前から海兵隊入隊の申し出を提出していた」と明かした。

続いてキム・ミョンスは「いつも変わらない愛情を注いでくださるファンの皆さんに感謝する。韓国の軍人として一生懸命に服務を果たし、コロナのない平凡な日常の中で皆さんとまた直接お会いして挨拶を交わせる日を心から祈る」と加えた。

ドラマ「暗行御史」を無事に終わらせたキム・ミョンスは、兵役入隊前の最後のスケジュールとしてオンラインファンミーティング「2021キム・ミョンスオンラインファンミーティング-Remember Us」を開催しファンとの挨拶を交わす予定だという。

キム・ミョンスは「兵役を終わらせてからも今までのように様々な作品を通じて活動を続ける予定で、どんな作品であろうとそのキャラクターにピッタリ合うような演技が披露できるように努力する」と伝えた。

WOW!Korea提供

2021.02.10

blank