キム・ミョンス(INFINITEエル)、軍入隊前最後の作品「暗行御史」の放送終了の心境…“長く記憶に残るだろう”

俳優キム・ミョンス(INFINITEエル)が、「暗行御史」の放送終了の感想を伝えた。
キム・ミョンスは9日、所属事務所を通じてKBS 2TV「暗行御史:朝鮮秘密捜査団(以下、暗行御史)」の放送終了の感想を明らかにした。
キム・ミョンスは、「暗行御史」で暗行御史ソン・イギョムを引き受けてキャラクターと一体となったシンクロ率で熱演を展開した。

キム・ミョンスは「これまで暗行御史を愛してくださった視聴者のみなさんに心から感謝する」として、「新型コロナウィルス感染症で厳しい状況にも、安全に撮影するために努力した撮影関係者やスタッフの方々、俳優の方々に感謝する」とあいさつした。

続いて「『暗行御史』は、楽しい思い出が多い作品として長く記憶に残るだろう」として、「ソン・イギョムを通じて様々な経験をしながら演技者として一段階成長した感じだ」と語った。キム・ミョンスはまた「入隊前最後の作品を幸せに終えることができて、何よりうれしい」と述べた。
「暗行御史」は、9日午後9時30分の放送を最後に終了する。キム・ミョンスは「暗行御史」を終えて22日に入隊する予定だ。

2021.02.09

blank