「コラム」兵役中のスターがイジメを受ける可能性は?(特別編)

これは訓練です(写真=韓国陸軍公式サイトより)

 

応援しているスターが兵役で入隊した場合、軍隊の事情をよく知らないファンは「もしやイジメられたり、暴力を受けるのではないか」と心配しがちだ。果たして、実際はどうなのだろうか。

 

過剰に心配しないこと
スターはとても目立つ存在なので、ファンが「いじめられるんじゃないか」と心配するのも無理はない。
しかし、それは杞憂というものであろう。
そもそも、芸能界のスターが兵役中にイジメや暴力を受けたという事例は、過去にほとんどなかった。
もちろん、軍隊の中で起こったことは秘匿されるので、まったくなかったとは言えないが、少なくとも、ここ10年ほどはそういう事実は報告されていない。

それだけに、ファンも過剰に心配しなくても大丈夫だと言える。
むしろ、スターは入隊中に特別待遇を受けることがある。それは、軍の広報に最適な存在だからだ。
最近の韓国軍は「開かれた軍隊」というスローガンのもとで、イメージアップに力を入れている。その際に効果的な存在になっているのが兵役中のスターたちだ。彼らは軍の広報イベントにも積極的に参加して、元気な姿を見せてくれる。

スターはあまりにも目立つ存在であり、軍の中で広報的な役割も担っている。そんな人をいじめたりすると、いじめた人は厳しく処罰されるに決まっている。当然ながら、自分が大きく損することをあえてしようとする同僚がいるとは思えない。
逆に、スターに取り入って友達になろうとする人が多いはずだ。なぜなら、除隊して社会に戻ったときに、飲み会などで「オレは彼と同じ部隊だったんだ。いい奴だったよ」と大いに自慢できるからだ。
以上のような理由で、スターは軍の中で「イジメの対象」になるより、「親しくなりたい対象」なのである。それだけ、特別に目をかけてもらえる可能性が高い。
こうした事実を知ると、ファンも少しは安心できるのではないだろうか。

文=「ロコレ」編集部

兵役ではどんな人が社会服務要員になるのか

韓国の兵役で入る軍楽隊はどんなところ?

新兵訓練の専門施設「陸軍訓練所」とは何か

入隊した芸能人を待ち構える恐怖の化学ガス訓練とは?

除隊が近づくと芸能人は部隊でどう過ごしているか

 

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2021.02.03

blank