「アニマルズ」KangNam(M.I.B)、子どもたちの前で正座のわけは?

20150220_kan_b韓国アイドルグループ「M.I.B」KangNam(カンナム)の正座姿が公開され、話題を集めている。

MBCバラエティ「アニマルズ」側は「幼稚園に行った子犬」のコーナーに出演している子どもたちの前でしゃがみこんだまま、別名「チュグリ(小さなもの、または萎縮している様子を表す方言)」ポーズをとっているKangNam(M.I.B)のビハインドカットを公開した。

公開された写真には「幼稚園に行った子犬」撮影現場で正座しているKangNamの姿が写っている。特に、ぼんやりとした表情で子どもたちを気の毒そうに見つめているKangNamの姿は、寂しさを感じさせるほどだ。

普段、自他共に認める「エナジャイザー」として有名だったKangNamが子どもたちの前で正座をした理由は何なのか、来る22日に放送される「アニマルズ-幼稚園に行った子犬」へ関心が高まっている。

先週、旧正月を迎えた子どもたちと子犬が「キヨミ(可愛らしい、キュートの意味)」韓服姿を披露した中、今週は視聴者を魅了する新たな子犬2匹が想像を越える可愛さで、子どもたちのもとを訪れることが予告され、さらに関心を集めている。

「幼稚園に行った子犬」は元バスケットボール選手のソ・ジャンフン、作曲家Don Spike、「M.I.B」KangNamが幼稚園教諭に変身して、子どもたちと6匹の子犬の世話をするバラエティ番組。可愛い子どもたちと子犬のどたばたエピソードが多くの愛を受けている。

一方MBCバラエティ番組「アニマルズ」は毎週日曜日午後4時50分より放送される。

2015.02.21

blank