「速報」キム・ヒョンジュン(リダ)「さよならじゃなく行ってきます!」ファイナル公演で感激の涙!

IMG_8987

アジアで最高の人気を誇るキム・ヒョンジュン(リダ)が2月20日(金)千葉・幕張イベントホールにて、『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2015 “GEMINI”』のファイナル公演を開催。
日本にて、海外男性ソロアーティストとして、史上初のオリコン、シングルランキング2作で1位を獲得、ワールドツアーも大成功を収め、その人気の規模はまさに世界基準のキム・ヒョンジュン。

前作のアルバム「UNLIMITED」から約2年振りとなる2ndアルバム「今でも」を今月2月11日にリリースし、併せて兵役前ラスト、ソロ4度目となる10都市12公演の全国ツアーを開催。

今月14日には、大阪城ホールにて最終公演を大盛況で終えたばかり。

ファンの熱い要望により幕張イベントホールにて2月18日、19日、20日、3日間、55.000人を動員したツアーの追加公演が急遽決定した。
兵役前、ラスト公演となる20日キム・ヒョンジュンと盛り上がろうと全国からファンが集結。

開演前から超満員の客席は、熱気で溢れかえっていた。
生バンドのイントロが流れた後、ステージに、シャツにネクタイ、ロングコートを羽織ったカリスマ溢れる姿のキム・ヒョンジュンが「Break Down」で登場すると、待ちわびていた客席から大歓声が鳴り響いた。

キム・ヒョンジュンは「みなさん最後まで盛り上がっていきましょう!」とスタートからファンを煽り、会場を沸かせた。

限られた時間で、ファンと忘れられない思い出を作ろうと、大ヒットナンバーや、最新アルバム収録曲など、キレのあるダンスと甘い歌声でアンコール含め全26曲を披露。
MCでは一曲一曲自ら曲紹介をするなど趣向を凝らした構成が組まれ、ファンを喜ばせた。

曲の合間にステージから下りて会場中を駆け回ったり、アンコールでは会場のファンとハイタッチや、客席の椅子の上を渡り歩いたりと、よりファンと近づく演出に、会場は大興奮で、黄色い歓声が飛び交った。

最後のあいさつでは、「今日は来てくださってありがとうございました。今まで僕のことを、助けて下さったみなさんに心から感謝したいです。また戻ってきますので悲しまないでくださいね。」と何度も何度もファンへ向けて感謝を伝えた。

IMG_8011

悲しい気がしていたけれど、笑顔で終えられそうな気がすると言ったキム・ヒョンジュンに、ファンから「Your Story」の大合唱のサプライズプレゼントが贈られると、我慢していた涙腺が緩み、大号泣。その姿に会場のファンも涙を見せた。
感動的なフィナーレを迎えたライブは、キム・ヒョンジュンが「さよならじゃなく行ってきます!またね~」と笑顔であいさつし、ファンも明るく「キダリルッケヨ(待ってるよ)」と返した。

圧倒的なカリスマ性でキム・ヒョンジュンの集大成を見せつけた4度目のソロツアーは多くのファンに惜しまれながら、二年後の再会を約束し幕を閉じた。

詳しいレポートは後日掲載いたします。

2015年2月20日 pm11:23 配信 (C)Korepo

 

■キム・ヒョンジュン日本公式ファンクラブ http://henecia.jp/

 

写真提供:(c) Digital Adventure

 

2015.02.20

blank