ディズニー&ピクサー最新作「ソウルフル・ワールド」、11万人動員で1位…2位「鬼滅の刃」

ディズニー&ピクサー最新作「ソウルフル・ワールド」が1日で11万人を動員し、1位に輝いた。

31日、映画振興委員会の映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、30日同作は11万8095人を動員し、ボックスオフィス1位を獲得。累計観客数は76万2761人となった。

今月20日に公開された同作は公開と同時にボックスオフィス1位を守ってきたが、27日に公開された日本のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開初日1位となり、トップの座を奪われたものの、1日で奪還。「ソウルフル・ワールド」は公開11日で76万人を超え、ロングヒットを続けるものとみられる。

2位は「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」で、30日4万3899人を動員。累計観客数は17万419人だ。「三姉妹」は3位でこの日9859人を動員し、累計観客数は3万1217人となった。

WOW!Korea提供

  • ハン・ジミン&ナム・ジュヒョク主演映画「ジョゼ」、10日連続ボックスオフィス1位
  • ハン・ジミン&ナム・ジュヒョク主演映画「ジョゼ」、3日間ボックスオフィス1位
  • ソン・ドンイル&ハ・ジウォン出演映画「担保」、秋夕連休初日に観客9万人動員…ボックスオフィス1位
  • ユ・アイン&パク・シネ主演映画「#生きている」150万動員目前“巡航中”…「ソリクン」はボックスオフィス3位で出発
  • 2021.01.31

    blank