「コラム」韓国で自転車に乗る人がとても少ない本当の事情

ソウルの大通りでは自転車に乗っている人をほとんど見かけない

 

実際に韓国は日本や中国に比べて、自転車の利用が圧倒的に少ない国です。ソウルの街角を見ても、自転車に乗っている人をあまり見かけません。そこには、韓国らしい事情があるのです。

 

自転車に不向きな道ばかり
韓国で自転車に乗る人が少ない理由を考えてみましょう。
1つ目は韓国の交通事情が関係しています。
経済発展にともない、韓国は完全に自動車優先の社会を築いてしまいました。それゆえ、自転車が街を走るのはとても大変なのです。
何よりも、大通りになると横断歩道が少なくなっています。この場合、自転車の走行を想定していない通りが本当に多いのです。
車道の下に作られた歩行者用の地下道も、入口には階段しかない場合が多く自転車は通れません。
また、歩道を利用する時でも、車が勝手に駐車してあったりバイクが走っていたりで、とても安心して走れる状況ではないのです。
このように、韓国では自転車の走行に向いていない通りがあまりに多すぎます。

2つ目は地形です。
ソウルは特に起伏の激しいところで、街のいたる所に坂があります。このため、ソウルを自転車で移動しようとすると、かえって歩くより疲れたり時間がかかったりするという現象が起きてしまいます。
わかりやすくいえば、ソウルは自転車に不向きな大都市なのです。それゆえ、韓国で多い出前もみんなバイクで行なっています。
さらに、韓国らしいのが3つ目の理由です。
それは、韓国人の自転車に対する意識が日本とはまったく違うということです。
韓国人の中には両班(ヤンバン/朝鮮王朝時代の上流階級)という意識が強い人が多く、自転車に乗ることに抵抗があります。

「見た目がチマチマしている」
「クルマが買えないみたいで、世間体がよくない」
そんなふうに見なされる傾向があります。
要するに、「乗るならば自動車に乗るべし。タラタラと自転車に乗る姿は見栄えが悪い」と思われがちなのです。

それは、大都市でも地方でも同じです。
かくして、韓国の人の多くは、クルマに乗るか悠然と歩くか、という選択肢になり、自転車に乗ることが少なくなります。

文=「ヨブル」編集部

ド・ギョンスも演じた朝鮮王朝の世子とは?

トンイの正体はどのように語られたか

『不滅の恋人』が描く時代の史実はどうだった?

『イ・サン』で強烈に描かれた意外な女性たちは?

Kポップのスターが除隊しても兵役が終わらない理由とは?

 

コラム提供:韓流テスギ

http://tesugi.com/

2021.01.27

blank