パク・シフ&ユン・ウネ主演の韓中合作映画「After Love」がクランクアップ

201502100754771365_54d93c1c5bc57

中韓合作映画「After Love」が去る1日、撮影を終えたことがわかった。

これに、パク・シフのファンらは5日、ソウル・江南(カンナム)にある飲食店で、映画「After Love」撮影チームへ済州(チェジュ)の黒豚オギョプサル(豚バラ肉を中心に皮からカルビまでの焼肉)100人分をはじめ、ボリュームたっぷりの夕食でもてなした。

3か月間、韓国と中国を行き来しながら映画撮影に邁進していたパク・シフや出演者、スタッフたちの疲れを癒そうと企画された特別な席だった。

撮影チームはこの食事会を通して、去る1日にクランクアップして以降、初めて顔を合わせた。主演のパク・シフとユン・ウネを筆頭にスタッフ一同が集合し、撮影中は交わすことができなかった話も飛び交っていたという。

パク・シフの所属事務所関係者は「パク・シフと映画『After Love』のために意味ある席を準備してくれたファンたちへ心から感謝する」とし、「観客の皆さんに作品を披露するため、映画は最終作業に入った。引き続き、多くの愛と関心をお願いしたい」と伝えた。

一方、映画「After Love」はパク・シフのスクリーン復帰作。パク・シフは劇中、航空会社に勤務する元パイロットのキム・ソンジュン役を演じた。クールで無関心な性格により、妻が側にいたときには感じることができなかった大切さを妻がこの世を去った後にようやく気付く人物。2015年上半期、韓国と中国、そして日本で同時公開が予定されている。
WoW!Korea提供

2015.02.10

blank