【韓国映画特集】『七人の秘書』に出演中のシム・ウンギョンの『怪しい彼女』は傑作だ!

映画『新聞記者』において、日本語で主役を務めたのが韓国女優のシム・ウンギョンだった。彼女が日本で知名度を高めたのは、何と言っても『怪しい彼女』であった。この映画について紹介しよう。

 

不思議なストーリー
韓国で2014年に公開された映画『怪しい彼女』。その中で、女優のシム・ウンギョンが見事な演技を披露していた。
その映画のあらすじは次のとおりである。
70歳のオ・マルスン(ナ・ムニ)は、家族と騒がしい毎日を送っていた。女手一つで息子を育てたことを自慢していた。
しかし、彼女は頑固な性格と口が悪いことから近所でも有名であり、一人息子の嫁からは煙たがられていた。

ある日の夜、マルスンは孫のジハと夕食を食べる約束をした。その約束した場所に向かう途中、偶然見つけた写真館に入って写真を撮ってもらうと不思議なことが起こった。
なんと、マルスンは20歳の女性に若返っていたのだ。
これには本当にビックリだ。
最初は戸惑いを隠せなかったマルスン。

しかしながら、自分の大変化に次第に慣れてくると、オ・ドゥリと名乗り、自分が20歳のときにできなかったことを楽しむようになった。
オ・ドゥリを演じたのがシム・ウンギョンである。
この『怪しい彼女』のジャンルはファンタジー・コメディである。
映画には、笑いを巻き起こすようなコミカルなシーンが多く、そういうときこそシム・ウンギョンの演技が際立っている。
彼女は、老人の口調を本当に巧みに再現していた。
しかし、韓国ドラマは笑えるようなシーンだけでは終わらない。最後に涙を誘うような感動的なシーンが出てくる。
そこが韓国ドラマの真骨頂なのだ。
そういう意味では、『怪しい彼女』は設定が奇抜なのだが、笑いあり涙ありの典型的な韓国映画であった。

文=康 大地(コウ ダイチ)

シム・ウンギョンと松坂桃李が主演の『新聞記者』

今年12月公開の映画『徐福』のイ・ヨンジュ監督とは?

映画『徐福』でパク・ボゴムはどんな演技を見せるか

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』はパラサイト効果で大ヒットを狙う!

コン・ユとパク・ボゴムが主演する映画『徐福』に注目が集まる理由とは?

 

コラム提供:韓流テスギ

http://tesugi.com/

2020.12.01

blank