“詐欺容疑で提訴”「BLACKSWAN(元RaNia)」ヘミ、法的対応へ「A氏が関係を要求」


韓国ガールズグループ「BLACKSWAN」ヘミが詐欺容疑騒動と関連して立場を発表した。

「BLACKSWAN」の所属事務所DRミュージック側は10日「ヘミは所属事務所DRミュージック顧問弁護士ク・ギョシル弁護士を選任し、最近、詐欺告訴事件の告訴人A氏に対して、悪意的な虚偽事実流布による名誉毀損、脅迫罪、セクハラなどの容疑で強く法的対応をすることにした」と明らかにした。

また所属事務所DRミュージックも「BLACKSWAN」の活動に致命的な打撃を与えたA氏と最初の報道メディアに対して、業務妨害及び名誉毀損、訂正(反論)報道など可能なすべての法的措置を共にとることにしたと伝えた。

DRミュージック側は「ヘミの予期しない詐欺提訴事件に非常に当惑している。不本意に物議をかもしてしまい、大変申し訳ない」としたが、「ヘミに確認した結果、最初に報道された内容が歪曲され、過度に誇張された部分が多い」と述べた。

ヘミはDRミュージックを通じて「まず軽率な行動で所属事務所やファンの皆さんに迷惑をおかけしたことをお詫びする」と伝えた。

しかし、ヘミは「報道によるとSNSで出会ったといっていたが、実際アフリカTVのBJ(Broadcasting Jockey/放送番組の進行者)としてしばらく活動していた期間に数え切れないほど星風船(有料アイテム)を提供した“アフリカ会長”(星風船をたくさん協賛する人を俗称『会長』という)がいて、感謝の気持ちで会ってだけで他意はない。だが、A氏が宿舎であるオフィステルに来て、酒を飲みながら恋人になりたいと言い、性行為を要求するなど過度な要求をしたため避けるしかなかった。500万ウォン(約47万円)という金銭を借りた以外には、ほとんどA氏本人が自発的に提供したものだ。クレジットカードも同様だ。連絡もなく自宅を訪れるなどプライバシーを侵害したが、性的な要求には絶対応じなかった。オフィステルの保証金と表現された金銭も、告訴人の主張のような数千万ウォンではなく120万ウォン(約11万円)にすぎない」と釈明した。

続けて「借りた500万ウォンも11月以降に返済するという意思表示を明確にした。女性として引き続き、性行為の要求や付き合おうと言われることが怖くて連絡を避けものであり、詐欺をはたらいたり、悪意的に行方をくらましたことはない。活動を始めるのに行方をくらますことはできない。法的訴訟を通じて、ひとつひとつ事実関係を正す」とし「オフィステルを男性との極秘デートの場所として利用したなど、おかしな女性と表現したのは我慢できない。そうではないという事実を立証する証人や証拠がある」と主張した。

DRミュージックは「ヘミは2015年からRaNiaとして契約しており、6か月の契約期間を残した状態でBLACKSWANのデビュー最初の曲の活動で終わりという条件で合流した。去る7日、すでに契約が満了した状態で、これ以上会社所属ではない、事実上、個人的なことで会社が対応する義務はないが、ヘミを積極的に支援する。無責任な悪意的暴露により、心血を注いでローンチしたプロジェクトに決定的な傷がついたので座視しない」とし、強行対応の意向を伝えた。

一方、「BLACKSWAN」はひとまず11日付で公式活動を暫定中断する。

WOW!Korea提供

2020.11.10

blank