【時代劇が面白い】昭顕世子の一家は仁祖につぶされた!(歴史編)

世子(セジャ)といえば、朝鮮王朝の皇太子である。次の王が約束された身分なのだ。それなのに、その世子の中で外国の人質になった人がいる。それが、16代王・仁祖(インジョ)の長男だった昭顕(ソヒョン)世子である。

 

清に影響された昭顕世子
朝鮮王朝は清の大軍に攻められて、1637年に屈伏している。莫大な賠償金を取られたが、さらに仁祖は3人の息子を人質として差し出さなければならなかった。息子たちは清の首都の瀋陽(しんよう)に連れて行かれてしまった。
仁祖は清に対して復讐心を燃え上がらせた。
ただし、人質といえども実際にはかなり自由に暮らすことができたようで、昭顕世子は中国大陸の文化に接し、ヨーロッパの宣教師たちとも交流した。
その中で彼は先進の思想や生活に影響を受けた。
「朝鮮王朝も清のようにならなければ……」
そんなふうに昭顕世子は考えた。
昭顕世子が清を礼賛しているという噂を聞いた仁祖は怒った。
しかも、「昭顕世子が清を後ろ楯にして自分の退位を画策している」といった話まで耳に届くようになった。

仁祖は息子に対して不信感を持った。
その最中の1645年に昭顕世子が帰国した。早速、昭顕世子は外国文化のすばらしさを仁祖に熱く語った。
感激の対面を果たしたはずなのに、仁祖は激怒した。
その末に、外国にかぶれた昭顕世子に向かって硯(すずり)を投げつけた。
「もう、お前の顔は見たくない!」
親子の間が険悪になった。
昭顕世子が急死したのはその2カ月後だった。

昭顕の妻と息子までもが……
本来なら、世子の死を嘆き悲しむはずなのに、なんと仁祖は昭顕世子の葬儀を信じられないくらいに冷遇した。
そこから、「仁祖が息子を毒殺した」という風評が立つようになった(その可能性がかぎりなく高いことが後に明らかになっている)。
しかも、仁祖は昭顕世子の妻であった姜(カン)氏を次の標的にした。
実は、仁祖が食べるアワビから毒が検出されたのだが、その罪を姜氏になすりつけて、彼女を死罪にしてしまった。
さらに、昭顕と姜氏の間に生まれた息子3人を島流しにした。そのうちの2人は仁祖が送った刺客に殺されたと見られている。

このように、仁祖は長男であった昭顕世子の一家を滅ぼしてしまったのである。
なぜそこまで仁祖は息子を憎んだのか。
恨みのある清に傾倒したことが絶対に許せなかったのだ。
なんと、器が小さい王であったことか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

 

コラム提供:チャレソ

http://chaleso.com/

2020.11.09

blank